☆★☆ フッ素とキシリトールについて ☆★☆

こんにちは(^^♪

9月もう下旬ですね!雨が続き、気温の変化も激しいので、皆様、体調をくずさないように気をつけて下さいね (´▽`)ノ

よく虫歯予防で、フッ素やキシリトールという言葉を耳にしますが違いは何なのでしょうか??(-_-)…?

★フッ素★

歯の溶け出した成分を戻す、再石灰化などの働きかけが主な作用です。

歯の表面をコーティングし、歯質を強化します(*^^*)v

お口の中の虫歯菌が、酸を出し歯を溶かしていきます。

これが虫歯の始まりですね!でも、フッ素を塗布することで、歯の外側のエナメル質に作用し酸から守る組織に変化させます。歯が強くなることでミネラルが溶け出しにくくなり、虫歯を予防します。

また、虫歯菌の活動を減らし酸の量を減らします。

結果、虫歯予防につながるのです!(^v^)

 

★キシリトール★

歯垢に働きかけます。

虫歯を作る酸を抑制する働きを持ち、また、その甘さから唾液を分泌させ虫歯予防に効果的です。(*^^)v

キシリトールって、少し甘いですよね!)^o^(

実は、甘味料なんですよ~!!

虫歯菌は、歯垢を住みかとしています。食事などの食べかすの中の糖を餌に酸を作り出しますが、キシリトールからは酸は作れないんです!さらに、虫歯菌はキシリトールを取り込むと弱ってしまい、数が減っていきます。

また、ガムなどで摂取することで唾液の出る量が増えると、虫歯菌を洗い流す効果も生まれます!(^-^)人(^o^)ノ

定期的な健診に加え、ご家庭でも取り組める虫歯予防なので、キシリトール入りのガム・タブレットや、フッ素入りの歯磨き粉などを併用し、健康な口腔内を保っていきましょう (^^)/(^^)/(^^)/

また、分からないことがございましたら、スタッフまでお気軽にお声掛け下さい o(^^)o


スプリント(マウスピース)を使用した治療をご存じですか??

皆さん、こんにちは(^^♪

9月も中旬になりましたが、暑がりの私には

まだまだ水分補給が、かかせません(^^;)

 

さて、当院では、歯ぎしり・くいしばり・顎関節症などでお困りな方に、

取り外し式のマウスピース『スプリント』の使用を、おススメしています\(^o^)/

 

【スプリントはこんな方におススメです!】

・アゴに痛みや、疲れを感じる人(顎関節症)

・アゴから「カクカク」と音がする人

・寝てる間に、歯ぎしり・くいしばりをする人

・肩こりや、頭痛のある人に有効な場合もあります

 

【スプリントの効果!】

スプリントをお口の中に装着することにより、アゴの関節に加わる力を軽減や、

噛み合わせを正しい位置に誘導していきます。

これにより、口の周りの筋肉の調和がとれ、アゴ・顔面・全身の安定を図ります。

 

【スプリントの使用方法!】

自分でスプリントを装着し、基本的に毎日、就寝時にはめて使用します(^_-)-☆

※昼間もくいしばってしまう方は、昼も使用してください。

 

【スプリントの種類!】

■ソフトタイプ・・・・・くいしばり用

■ハードタイプ・・・・・歯ぎしり・くいしばり用

 

【スプリントの出来るまで!】

  1. 歯の型をとり、模型を作ります
  2. 次回来院時までに、スプリントを作製します(^.^) ※完成まで1~2週間かかります
  3. 出来上がったものを装着し、調整します
  4. しばらく使った後(1~2週間)、再度調整します。使用感・噛み合わせをチェックします(*^^)v                           「スプリント」を、もっと詳しく知りたい方は、お気軽にドクター・スタッフにご相談ください!!お待ちしておりますm(__)m

高齢者の口腔内チェックは重要です!

皆さん、こんにちは(^^♪

9月は、暦ではもう秋ですね(*^_^*)

『食欲の秋♪』なんて言われていますが、

美味しい物をいっぱい食べた後は、必ず歯磨きをしましょうね(*^^)v

 

今日は、当院の訪問歯科診療部でもっとも重要な、

高齢者の口腔内のチェックについてお話し致します!(^^)!

 

まずはじめに、訪問診療を行う前にご本人様やご家族様、

または担当のケアマネージャーに患者様の口腔内の状態をお聞きして、食事がちゃんと取れているか、確認をしていきます。

 

<チェック項目1>

■義歯は合っていますか?

・食事中に、外れてしまう

・食事のスピードが落ちた

・常に口が動いている

 

<チェック項目2>

■グラグラした歯はありませんか?

・強い口臭がある

・左右均等に、物を噛んでいない

・義歯が入らなくなった

 

<チェック項目3>

■正しく噛み合っていますか?

・食べるときに義歯が外れてしまう

・あまりよく噛んでいない(ひと口15回以上)

 

など、簡単な内容をヒアリングしていきます(^o^)/

 

歯周病で歯が抜けたり、虫歯で歯が折れたりした部分をそのままにしてしまう事で、周りの歯の位置がずれてきます。

そうすると、上の歯と下の歯が上手く噛み合わなくなります。

その状態をさらに続けると、噛み合わせは崩壊し「噛めない・痛い・飲み込めない」と言った症状が現れ、物を食べられない口腔内になってしまいます(*_*)

上記のチェック項目に該当していると、食事の時間が長くなったり、食事の量が減ったりすることがあります(>_<)

まず、口腔内は食事ができる状態なのかを知ることが、もっとも重要になってきます!!

もっと詳しく知りたい方は、当院の訪問診療部へお問い合わせください(*^^)v


おならを我慢すると、口臭が強くなるって本当??

皆さん、こんにちは♪

夏休みは、満喫できましたか(^.^)?

9月がスタートしましたが、まだまだ暑い日が続いているので、

お出掛けの時は、水分補給は忘れずにしましょうね(^o^)/

 

今日は、口臭に関する豆知識をお話し致します!!

 

口臭の9割以上は、お口の中に原因があると言われています。

また、ゲップをした時に胃の空気が口から出ることはあっても、

胃の病気で口臭が強くなることは、通常ありません(>_<)

 

では、おならを我慢すると口臭は強くなるのでしょうか??

 

おならは、小腸で消化吸収されなかった食べ物の残りが、

大腸の細菌によって分解されるときに発生する、二酸化炭素や

メタン、硫化水素などのガスの事をいい、このガスが、肛門から

排出されたものを、『おなら』と呼ばれています(*^_^*)

 

実は、このガスは血液に乗って体内をめぐり、肺でガス交換されて

呼気として、お口から放出されています(^_^;)

つまり、おならを我慢すると、血液中に入るガスの量が増えていて、

これが原因で口臭が強くなってしまうのです。

 

腸内ガスを増やす原因は、便秘です。

便秘にならないよう、食生活に気を付けてくださいね\(^o^)/

 

また、今お話しした事は、口臭のひとつの原因にすぎません☆彡

やはり、口臭の原因はお口の中にある可能性が非常に高いです!

口臭が気になる方は、お気軽にご相談ください(^o^)


8月の全体ミーティング♪

皆さん、こんにちは!

連日連夜、白熱したオリンピックも

終わってしまいましたね!(^^)!

4年後は、いよいよ東京開催ですね♪

今大会以上のメダル獲得に期待して

応援しましょう(*^^)v

 

当院は、8月24日(水)に休診させて頂き、

定例の全体ミーティングを開催しました!

くにたち旭通り歯科、ぐりーんうぉーく歯科、

訪問診療部、などスタッフ一同が集まる貴重な

ミーティングなのです(^o^)/

 

ミーティングでは、部門別の現状の報告や、議題を話し合い、

また、今後の目標の発表などがありました!(^^)!、

 

 

また、恒例の誕生日会も開催しました!!

今月は、ドクター2名と歯科助手2名が、お誕生日でした♪

 

スタッフ一同、美味しくケーキを分けて頂きました(^_-)-☆

 


歯科検診の時に、耳にする『C(シー)』って何ですか??

こんにちは(^^♪

オリンピックで、日本メンバー頑張ってますネ!!

皆さんは、応援していますか?

当院のスタッフは、連日試合結果で盛り上がっています!!

4年後は、東京でオリンピックが開催されますね(^o^)丿

今から、本当に楽しみですね♪

 

皆さんが歯医者さんでの診療中に、先生や衛生士がお口の中を診て

『C1(シーワン)・・・』など、『C(シー)』と言っているのを耳にしたことは

ありませんか?

これは【Caries(カリエス)】の略字で、日本語では虫歯を意味しています(>_<)

そして、この『C(シー)』は段階が分かれていて、数字が大きくなるほど虫歯が進行している事を表していますφ(..)メモメモ

『C0(シーオー)』は、エナメル質(歯の表面の白い部分)が白く濁って透明感が無いですが、穴は開いてない状態の事です(^_^;)

『C1(シーワン)』は、浅い穴でエナメル質に限局しています。

『C2(シーツー)』に成ると、エナメル質の下の象牙質にまで、穴が進行したもので、

甘いものや冷たいものにしみたりします(>_<)

『C3(シースリー)』は、虫歯が象牙質も破壊してしまい、歯髄(神経)まで達したもので、症状は歯髄への感染の程度により、あまり痛みの無いものから激しい痛みを伴うのも様々です!!

『C4(シーフォー)』は、虫歯により歯のほとんどが無くなってしまっただけでなく、歯の根っこまで虫歯に侵されてしまったものを言います((+_+))

ちなみに、コンポジットレジンという材料を使って虫歯の治療を行う事がありますが、

これがお口の中にある時は『CR(シーアール)』と言う時があるので『C』から始まっていますが虫歯のことではありませんよ(^.^)

虫歯は進行すればするほど、治療期間は長くなります。虫歯がこれ以上進行する前に

早めに歯医者さんに行きましょう!!


子供の成長に合わせた虫歯予防

皆さんこんにちは!

夏休みの人も多くいると思いますが、満喫されているでしょうか(^.^)?

遊びに夢中になって、熱中症にならないように気を付けてくださいね♪

水分補給を、早め早めに、お願いします(^o^)/

学校に通っているお子様達は、夏休み真っ最中だと思いますが、今日は子供の成長に合わせた虫歯予防について、簡単にお話ししますね(*^^)v

お子様の虫歯予防に有効なケアのひとつに、フッ素塗布があります! 最近では、フッ素の有効性が知られるようになって、ご家庭でもフッ素を活用されている方が多くいらっしゃると聞いています(^o^)丿 しかし!!歯科医院で使用するフッ素は、ご家庭で使えるものよりも高濃度で、繰り返し塗布することでより高い効果が期待できますv(^^)v また、歯科医院にお越しいただければ、フッ素塗布と同時に歯の健康状態も

確認する事ができます! 今年の夏休みを期に、お子様のお口を守るために、ぜひ歯科医院での定期健診をご活用くださいm(__)m

【小さい時から、予防する事の重要性】

乳歯はいずれ永久歯に生え替わることから、お子様の歯のケアを軽く考えてしまっている親御さんがいらっしゃいますが、それは大きな誤解です((+_+)) 乳歯の健康状態は永久歯の健康状態だけではなく、生え方にも影響します。 その為、お子様の歯のケアが、その後の口腔内環境の要となってきます! 小さい頃から正しい口腔ケアの習慣を身につけることで、将来的にも、お口の健康を維持出来るようになるのです!(^^)!

【幼児期の予防】

乳歯は、柔らかく虫歯菌に弱い為、虫歯になりやすくなっています(+o+) その為、乳歯が生え始めた時から歯のケアは始まります!! この頃の口腔ケアや生活習慣が、将来のお口の健康を左右するといっても

過言ではありません(^^♪

例えば、毎日の食事や、おやつの時間はきちんと決めて、食後は必ずケアをしましょう!お口中に、糖分が残っていると虫歯になる可能性が高くなります(+o+)

また、食後は出来るだけ早めに歯磨きをしてください。

理想は、食後30分以内です。歯磨きが出来ない時は、水やお茶を飲んだり、お口をすすいだりしてください!

子供が自分で、きちんと歯磨きが出来るのは、10歳位と言われています!(^^)!

それまでは、親御さんが必ず仕上げ磨きをしてあげましょう♪

お子様の将来のお口の健康の為に、親御さんが気をつけてあげましょう(^_-)-☆

 

【学童期の予防】

小学校に入学する頃から、乳歯が永久歯へと生え替わってきます。 永久歯も生えたての時は、虫歯になりやすいため注意しましょう!!

乳歯と永久歯が混在する学童期は、親御さんの仕上げ磨きから、お子様本人の歯磨きへ移行する時期でもあります。 しかし、お子様自身のケアはどうしても不十分になりがちで、虫歯になるリスクが高まります(*_*)

また、抜けている歯(乳歯)が多い時期でもあるため、歯列の乱れも心配ですね。(※)

(※歯が抜けて空いている空間に隣の歯が傾いてきたり、噛み合う歯が伸びてきたりするおそれがあります。)

それぞれ説明してまいりましたが、当院では、しっかり予防する為に毎日のセルフケアに加え、歯科医院での定期健診を提案しております♪

お子様のお口に合った歯磨き指導・フッ素塗布などを積極的に活用し、プロケアを定期的に受ける事も重要だと考えております(*^^)v

お子様の定期健診について、詳しく知りたい方はお気軽にスタッフにお尋ねくださいね♪


「子供が転んで歯が抜けた!」どうしたらいいのでしょうか??

皆さん、こんにちは(^o^)/

暑い日が続いて、夏真っ盛りですね♪

今年の夏を楽しみましょう!!(^.^)

 

夏休み真っ只中、子供が外で遊ぶ機会も増え、ケガをする事も

考えられます(>_<)

もし、子供が転んで歯が抜けてしまったら、どのように対応すれば

いいのでしょうか?

 

歯が抜けても、その歯をうえなおす事が出来ることもあります!(^^)!

抜けた歯をすぐに、『牛乳』に入れておけば歯の細胞の生存率を高める

事が出来ます!その状態のままで、すぐに歯科医院に持ってきてください(^o^)/

または、『牛乳』をすぐに用意できないような状況であれば、子供か保護者の口の中に含んで持ってきてください(^O^)!

汚れてしまったからと、水道水で洗ったりしてしまうと、神経や歯根膜などが損傷してしまい、うえなおしが難しくなってしまうケースもあります(+o+)

 

歯が欠けてしまった場合も、同様の処置をしてください(*^^)v

 

抜けたり欠けたりしていなくても、グラグラしたりひびが入っていても、すぐに歯科医院に診てもらいましょう♪

 

当院は、8月も通常診療いたします。

(ただし、11日、24日だけは休診)

お口の中ので、お困りの事や気になる事がありましたら、

お気軽にご相談ください(^_-)-☆


7月の定例ミーティング(^o^)/

皆さん、こんにちは!

やっと、東京も梅雨明け宣言がありましたね!(^^)!

これから夏本番!!で、暑い日が続くと思いますが、

熱中症対策として、水分補給は早めに、こまめに取って

今年の夏を楽しみましょう!!(^.^)v

 

7月27日(水)に、当院は休診させて頂き、

定例ミーティングを開催しました(^^♪

スタッフ一同が集まる貴重な会で、くにたち旭通り歯科、

ぐりーんうぉーく歯科、訪問診療部、各部門の今後の

目標の発表がありました!(^^)!

 

 

また、前期の集大成でもある今回のミーティングでは、

恒例の『テスト』も実施しました(^_^;)

テスト終了後は、その場で解説と答え合わせがあり、

自分の点数に、歓喜するスタッフ、肩を落とすスタッフ、

喜怒哀楽の光景を目にすることが出来ました!!

 

テストの後は、ドクター・歯科衛生士・歯科助手・受付など

各専門職種に別れて、勉強会が行われました(*^^)v

皆さんに、今まで以上のより良いサービスを提供する為、

私たちスタッフは、技術向上や専門知識習得に努めております(^_-)-☆

 


『唾液(だえき)検査』で自分にあった虫歯予防方法を手に入れよう(^o^)丿

皆さん、こんにちは♪

暑い日が続いていますね(^_^;) 夏バテにはなっていませんか??西日本から徐々に梅雨明け宣言がされてきましたね♪関東の梅雨明け宣言も、もうすぐですね(^o^)/

さて、ただいま当院でキャンペーン中の『唾液検査』を、もう体験して頂けましたでしょうか(^.^)

『唾液検査』で、自分の唾液成分を調べ、自分は虫歯になりやすいのか、自分の口の中で虫歯になる原因はなにか、などを分析して自分に合った虫歯予防方法を見つける事が出来ます(^_-)-☆

検査は簡単で、時間もほとんどかかりません!また、痛みもないので小さいお子様でも検査可能です(*^^)v

【唾液検査の流れです!!】

  1. 食生活や歯磨きの状況などを簡単に問診します。
  2. 数分間、ガムを噛んでいただき、唾液を採取します
  3. 試薬と唾液を反応させて、数日間培養します
  4. 次回来院時に、検査結果をご報告します

検査結果をもとに、患者様に合った虫歯予防方法を提案致します(^o^)/虫歯予防方法は必要だと、当院は考えております!(^^)!7/31(日)までのキャンペーン期間中、唾液検査は、“なんと!!1,980円(税込)”キャンペーンの詳細やご不明な点は、お気軽にスタッフまで、どうぞm(__)m

この機会に是非!!唾液検査を体験して、自分に合った虫歯予防法を手に入れてみてくださいねv(^^)v


Proudly powered by WordPress